生理前におりものが増える理由

おりものは女性にとって不快なものではありますが、菌の侵入を防いだり妊娠を助けたりと非常に重要な役割を担っています。
おりものの量などは一人一人個人差がありますが、基本的には女性の体のリズムに合わせて量や粘り気が変化しています。

まず、生理が終わった直後の卵胞期は量が少なくてサラサラしています。

そして、卵子が作られる排卵期になるとだんだんと量が増えていきます。
排卵する前後が一番おりものの量が多く、透明でドロッとしていることから卵の白身のようだと例えられたりします。
このときのおりものが増える理由には精子と卵子が出会いやすくするためで、おりものがあるおかげで精子は子宮内に入り込むことができます。

排卵が終わってから次の生理前の黄体期になるとおりものの量も落ち着いて、白っぽくなりますが、生理が始まる直前になるとまた量が増えます。

おりものの変化は分泌される女性ホルモンの変化に合わせて行われることから、生理日の予測や妊娠のタイミングを計る目安としても使われています。
ただし、いつもと違った色や強いにおいのおりものが出た場合は、性感染症などの病気の可能性がありますので、婦人科を受診して医師に相談することが大切です。