淋病にかかった女性の悩み

淋病は性病の1つですが、症状や特徴が男女で違います。
何かしら自覚症状が出るまで男性は早いと3日前後で症状がでますが、女性は決め手となる自覚症状物が、ほぼないので発見もおくれます。
全く症状がないわけではなく下り物が黄色くなったり、陰部が腫れたり痒くなりますが、これらの症状で淋病を発症したと思う女性は少なく、たとえ疑ったとしても病院に行かない女性が多いため発見もおくれます。
病院に行かない理由の一番の原因は、陰部を医師に見られるという女性の悩みがあるからです。
診察や検査をされる間は医師の顔を見ずとも、結果や説明を聞く時には医師の顔を見ないと聞けないので、女性は病院に行く事に抵抗を感じます。
しかし最近では病院に行かずとも、インターネットを使って検査キットを購入する事ができます。
インターネットなので購入する時間は関係なく、夜中でも購入できます。
検査キットには取扱説明書がついていて、陽性と陰性の表示方法も一緒に書いています。
取扱説明書に書いていある事がよくわからない時は、インターネットで実際に使った人の体験談を検索すると、写真つきで詳しい使い方が載っています。
注意する事や陽性と陰性の表示方法、もし陽性だった時の対処方法も載っています。