妊娠中に淋病にならないように肌荒れには注意

淋病のような性病は、母子感染によって母体から胎児に菌が移ってしまうことがあります。そのため、妊娠中に性病に感染しないようにするために事前にしっかりと対策をしておかなくてはいけません。特に、陰部などに肌荒れの症状があるときには淋病などの性病を疑ったほうが賢明です。性行為があった後に肌荒れが出てしまったときには性病である可能性が高いですし、何よりも妊娠中に胎児に対して大きな影響を与えかねません。淋病を含めた性病の多くは肌荒れが生じるものが多いので、性病のサインを見逃さないように気をつける必要があります。そもそも、淋病というのは淋菌という菌が身体に感染することによって発症する性感染症の一つであるため菌が身体に付かない環境にいれば絶対に淋病になることはありません。性行為だけではなく粘膜感染などもありうる病気であるため比較的感染率が高く、全体の約30%が感染しているというデータもあるくらいです。しかも、クラミジアなどのほかの病気と一緒に感染することが多く、世界的に患者数が多い病気の一つとなっています。淋病がこれほど多くの人に感染してしまうのは、潜伏期間があって自覚症状を患者が認識することが出来ないからです。実際に症状が現れると女性の場合はおりものが多くなったり陰部から悪臭がするようになり、外陰に肌荒れの兆候が見られることがあります。仮に、妊娠中の女性が淋病に感染していた場合には生まれてくる子供にもその菌が付着してしまうので最悪の場合子供は失明してしまうこともあります。母子に対する感染は目に現れることが多いので本当に注意をする必要があります。男性の場合は、尿道に激しい痛みが伴うのでパートナー同士でお互いの症状を確認しながら正しい性行為をすることが大事です。