セックスで感染する淋病 不正出血などの症状

淋病は淋菌に感染することによって発症する性感染症です。淋病の感染率は高く、セックスなどで粘膜に感染して起こります。淋菌に感染すると、数時間から数日で淋病を発症します。自覚症状がないことも多いですが女性の場合には、膣から子宮あたりに炎症を起こします。おりものが増えたり、悪臭などがする、不正出血が起こるなどがありますがあまり気にせずに、そのままにしてしまう人も少なくありません。淋病が感染した子宮頸管は出血がしやすいので少量の不正出血が続くこともあります。またセックスの際に下腹部の違和感や痛み、不正出血などが起こることもあります。感染をそのままにしてしまうと、体内に感染が拡大してしまうため子宮外妊娠や不妊の原因となってしまうこともあります。妊娠中に淋病に感染してしまうと、出産時に赤ちゃんに感染させてしまうこともあり、その場合には赤ちゃんの眼に障害が出ることがあり早めに治療しなくてはいけなくなります。男性が感染した場合には尿道に感染することが多く、排尿の際に強い痛みが起こったり膿が出ることがありますが、男性の場合も自覚症状がないこともあります。治療せずにそのままにしてしまうと、痛みは治まることがありますが、淋菌は体内に残ってしまうためしだいに体内に広がって、生殖器の炎症を起こし場合によっては夢精子症を引き起こしてしまうこともあります。淋病は通常のセックスだけではなく、オーラルセックスでも感染します。尿道や膣に潜んでいる淋菌が、喉に感染するためです。そのため感染したことに自覚症状がない人のディープキスでも喉に潜んでいる淋菌が喉から喉へ感染することもあります。感染には粘膜と粘膜の接触が必要なので、普通の軽いキスなどでは感染しません。